ハウステンボスへ行くには?

長崎のハウステンボスへ行くには、JRの列車でハウステンボス駅へ行くか車で直行するかどちらがへ便利でしょうか。

JRを利用する場合、博多方面からは直行列車特急ハウステンボス号があるのでこれを利用するのが一番早くて便利です。平日は5往復ほど、土日祝日は8往復で、平日は時間に注意しましょう。

特急券を節約して、普通列車や快速で行くという手もありますが、特急の運行がダイヤの中心となっているのでなかなか乗り継ぎもうまくいかず、途中の車窓を楽しむという理由がないのであれば、やはり特急を利用するのが一番でしょう。

特急ハウステンボス号にうまく乗れない場合でも佐世保まで行けばハウステンボスまでは車でもそれほど遠くありませんがやはりハウステンボスに直行できるハウステンボス号はとても便利なので、できれば予約したほうがいいですね。

初代特急ハウステンボス号

初代のハウステンボス号が1992年3月のダイヤ改正で初登場した時は485系という特急車両を使用していました。この485系という特急用車両は、顔が四角くて運転席が屋根の上についている特急で良く全国各地で見られました。最初に走ったハウステンボス号は赤一色という強烈なカラーでしたがその後にカラーリングが変更され、ハウステンボスをイメージした赤と青と緑と黄色をブロックパターンで塗装した特急になりました。

現在の特急ハウステンボス号は、2000年のダイヤ改正で485系からJR九州オリジナルの783系特急車両に変更され、485系の初代ハウステンボス号はなくなってしまいました。

しかし4色のブロックパターンからなるカラーリングは継承され、783系の特急ハウステンボス号もカラフルな4色の特急となりました。この783系もいずれ新しい車両に変わるでしょうがあのポップなカラーリングはそのままにして欲しいですね。

特急ハウステンボス号のNゲージ

福岡県のJR博多駅と長崎ハウステンボスとを1時間40分で結ぶハウステンボス号は、鉄道ファンに人気があるJR九州のL特急です。

アミューズメントパークの名称を持ちカラフルな車体の特急は、鉄道ファンのとっては、興味のもてる列車のひとつでしょう。

この特急ハウステンボス号は、Nゲージの模型として販売され、もちろんハウステンボス内のショップでも、買うことができます。またインターネットのサイトを探すといろいろなショッピングサイトやオークションサイトで945円〜1000円前後とお手ごろな価格で販売されています。

Nゲージというサイズの線路を持っている方はそのまま楽しめますが、電気で走るタイプではないので、電流の流れるNゲージでは使用できません。興味のある方は特急ハウステンボス号の車両が今後新型車両へと移行する前に、現行の型を今のうちにコレクションしておくといいですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。