ハウステンボス アドベンチャーパーク

ハウステンボスにアドベンチャーパークが誕生しました。
日本一長い300メートルのジップラインや高さ9メートルの
空中アスレチックなどスリル満点。

スリル満点で自然を満喫できる楽しいアドベンチャーパークは
ファミリーにぴったりですね。




ハウステンボスのホテルヨーロッパ

ホテルヨーロッパはハウステンボスの優雅な旅の始まりを演出。
ハウステンボス場内にあり、ヨーロッパの街並みを眺めながら
クルーザーでチェック インできます。

ゆったりとしたロビーや客室、気品あふれる空間と、
きめ細やかなサービスなどホテルヨーロッパは
ハウステンボスにいくなら是非泊りたいホテルです。

ドラゴンクエスト展 in ハウステンボス

ドラゴンクエスト展 in ハウステンボスは3/17(土)〜5/6(日)まで。
ドラゴンクエストの貴重な展示資料や冒険の書ラリーなど魅力的な催しが満載!
オリジナルメニューも大人気です!

花と緑に囲まれた、キッズに優しいファミリーホテル♪
ジャグジー大浴場や無料駐車場など利便性抜群!

ハウステンボス ワッセナー

ハウステンボスの運河に面した居住エリア
ワッセナーは、人工的に作られた場所ですが
自然をたっぷりと楽しむ素敵な街となっています。

ワッセナーの戸建住宅はすべて運河に面しています。
また、その戸建住宅のうち約7割の家には専用の桟橋まで
ついているので桟橋付きのオーナーにとっては「海で遊ぶ」
という楽しみが増えてくるのは当然でしょうね。

実際にハウステンボスのワッセナーに移住してきた方のお話を聞くと、
小さな船を買って船舶免許を取ってマリンレジャーを楽しんでいる
という方がたくさんいらっしゃいます。

また家の前の運河での釣りをのんびり楽しんでいる方も多いようです。
ハゼなどの小型魚だけでなく、時には30センチを超える大きな
スズキや黒鯛、フグなども釣れています。
さすがにフグは調理できませんが、自宅前で獲れたお魚を
お刺身で食べるなんて本当に贅沢ですよね。

自然との共生を楽しめるワッセナーは素敵なエリアです。
こんな街に住みたいと思いますよね。

長崎ハウステンボスで人気ナンバーワンお土産ショコラーデ・カース・ケイク アニーおばさんの...

東京ミッドタウン 沖縄 

ハウステンボスワッセナーの良さ

ハウステンボスの居住エリアはワッセナーといってとても素晴らしいところです。

ワッセナーの良いところは、運河があり四季折々の草木があり自然と戯れることができます。人工的に作られた場所ではありますが、より自然に楽しめるような工夫のおかげで、まるで昔からある自然の中に住んでいるような錯覚に陥ります。

運河には専用の桟橋が多くの家についているので、船を購入してマリンレジャーを楽しむ居住者も多いです。本当に小さな船であれば免許も要りませんし、船舶免許が必要な船でも中古であれば軽自動車くらいの価格で購入できるものもたくさんあります。船舶免許は車の免許よりも安く簡単に取得できますしね。船に乗って釣りも楽しめますが、簡単な釣りなら自宅の桟橋からでもできるのです。

ワッセナー内には電線や電柱がないため、街の景観がとてもすっきりしています。欧米に見られるような、ライフラインを地下のトンネルで通す方式を取っているのでこのようにすっきりしているのです。

ジムフレックス 東京ミッドタウン ANAスカイホリデー

ハウステンボスワッセナーのテーマは共生

ハウステンボスの居住エリアワッセナーのテーマのひとつは「自然との共生」です。元々は工業地帯として開発されたこの土地を自然に帰し、その上で居住型リゾートのステキな街を作りました。

ワッセナーはまず運河を作って土地に海を呼び戻し、その周りに草木を育て、そしてその景観を損なわないような街を作り上げました。ワッセナーに入るとわかるのですが、まず戸建のエリアには必ず各戸が運河に面していて水との共生がなされています。

建物そのものはレンガ造りで、水を吸い込むというレンガの特性を活かし、雨水がそのまま海へ流れ込まないような工夫がされています。道路も同様にほとんどがレンガ敷きとなっていて、吸水性に優れている上に景観としても素敵な街づくりとなっています。
運河と緑、花と海のレンガの街にワッセナーは理想の街です。

ANAスカイホリデー リーバイス ピンキーリング

ハウステンボス号のイベント

ハウステンボスは、博多から長崎ハウステンボスを1時間40分ほどで結ぶJR九州のL特急です。

ハウステンボス号の車体カラーは鮮やかですが、普段は車内で特別にエンタテイメントを行なっているわけではありません。
ただ、時々季節に合わせた車内イベントなどが開催されるので、たまたまそんな時期に乗り合わせると、ハウステンボスまでの移動時間も楽しめます。

過去には、クリスマスの時期に合わせて、JR九州とハウステンボスがタイアップし、ハウステンボス号にサンタクロースが乗車するという企画がありました。

この企画は、12月の土日祝日(クリスマスまでの間)に、ハウステンボス号にサンタクロースが乗り込み、車内で写真撮影のサービスやキャンディーの配布などを行なってハウステンボスまでの車中を楽しませようというものです。その上、ハウステンボス駅到着時にはプレゼントがあったり、先着でカレンダーがもらえたりと、ワクワクさせてくれるイベントなのです。

これからは、もっとハウステンボス号車内でのイベントを増やしてもらいたいですね。

ANA
ヴェールダンス エアリーシェイプ

ハウステンボスのセレクトショップ

ハウステンボスでお土産を買うなら、素材にこだわった12のセレクトショップが集まった「マルシェ・ド・パラディ」が便利です。良質のオリーブオイルや様々なオーガニック商品がある九州初登場のオリーブオイル専門店や良質のコーヒー豆や紅茶の葉を使ったコーヒーや紅茶の専門店があります。

本場の味のおいしいチーズを好きなだけカットして買うことができるチーズ専門店やオリジナルのハム・ソーセージなどのオードブルショップもおすすめです。スィートショップポップドゥでは、カラフルで見た目もかわいい400種類以上の輸入菓子をあつめています。

スィーツ好きの方には、他にも素材を厳選した手作りチーズケーキやバームクーヘン、その他たくさんのスィーツを並べたショップがあります。
お土産にするのもいいけど、その場で食べちゃいそうですね。

長崎の名物はハウステンボス?

ハウステンボスといえば長崎長崎といえば何を思い出すでしょうか。

長崎県は周りを海に囲まれた県で島が大変多く、五島列島や対馬、壱岐などは地理や歴史の教科書にも良く出てきましたね。

長崎は江戸時代の鎖国政策で、日本の中でただひとつ外国との交流が許され長崎の出島でオランダと中国だけが出入りを許されました。オランダがテーマのハウステンボスのルーツはこの出島にあるわけですね。

長崎の名物として有名なのは、長崎カステラや長崎ちゃんぽん、麦焼酎などです。全国で販売されていますが、やはり本場で買うのが一番ですね。ハウステンボスにもこういった名産品は販売されていますので、ぜひお土産にしてください。

ハウステンボスへ行くには?

長崎のハウステンボスへ行くには、JRの列車でハウステンボス駅へ行くか車で直行するかどちらがへ便利でしょうか。

JRを利用する場合、博多方面からは直行列車特急ハウステンボス号があるのでこれを利用するのが一番早くて便利です。平日は5往復ほど、土日祝日は8往復で、平日は時間に注意しましょう。

特急券を節約して、普通列車や快速で行くという手もありますが、特急の運行がダイヤの中心となっているのでなかなか乗り継ぎもうまくいかず、途中の車窓を楽しむという理由がないのであれば、やはり特急を利用するのが一番でしょう。

特急ハウステンボス号にうまく乗れない場合でも佐世保まで行けばハウステンボスまでは車でもそれほど遠くありませんがやはりハウステンボスに直行できるハウステンボス号はとても便利なので、できれば予約したほうがいいですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。